MENU

BOOKS  2024/04

鶴の背中に乗って空を飛べるようになったと思ったキツネ(ロシア語)

【タイトル】

Как лиса училась летать(キツネはいかにして飛び方を教わったか)

【著者】 Evgenii Mikhailovich Rachev/絵 Е.Рачёв/作
【出版社】 Малыш
【出版日】

1974年発売

【NDC】 E
【HBC】 YAA
【内容紹介】

鶴の背中に乗せてもらい、自分は空が飛べるようになったと思ったキツネは、まだ着地が上手く出来ないと、もう一度鶴の背中に乗ります。すると、、、「空とぶキツネ」、「おだんごぱん」、「ちいさなおうち(テレモーク)」などロシア民話を収載した短編集です。イラストは名作「てぶくろ」の挿絵でおなじみ、エウゲーニー・M・ラチョフ氏。

≫ 続きを読む

2024/04/01    外国語絵本    olidllc   |    タグ:エイプリルフール , ロシア語

詩的な散文で昔からの偉大なともだちを紹介(ポルトガル語)

【タイトル】

O amigão de todo o mundo(世界中の友情)

【著者】 Luiz Maia/絵 Elias José/作
【出版社】 Paulus
【出版日】 2001年1月発売
【NDC】 E
【HBC】 YAA
【内容紹介】

詩的な散文のような雰囲気で昔からの偉大な「ともだち」を紹介している絵本です。何年も経った今でも、ともだちとの二人の関係、一緒に遊んだゲーム、お互いの好きなものなどを伝えてくれます。社会的大義に尽力し、美しい寓話を語る信頼できるともだち。読み進めるうちに、読者はそのともだちが実はイエスだったことに気付かされます。

≫ 続きを読む

2024/04/01    外国語絵本    olidllc   |    タグ:エイプリルフール , ポルトガル語

雨ふらしのおとこは雲の蛇口を閉め忘れてしまう(イタリア語)

【タイトル】 L'omino della pioggia(雨ふらしのおとこのこ)
【著者】 Nicoletta Costa/絵 Gianni Rodari/作
【出版社】 ‎Emme Edizioni
【出版日】 2014年3月発売
【NDC】 E
【HBC】 YAA
【内容紹介】

雲の上に住んでいる「雨ふらしの おとこのこ」。こっちの雲からあっちの雲へ柔らかい床を飛び移る。雲には蛇口が着いていて、おとこのこが蛇口を開くと雲から水が流れ、蛇口を閉めると雨は止む。くたくたになったおとこのこがある日蛇口を閉め忘れてしまうと、、、イタリアの国民的児童文学作家による幻想の世界が広がる一冊。

≫ 続きを読む

2024/04/01    外国語絵本    olidllc   |    タグ:エイプリルフール , イタリア語

品行の悪い子どもたちは次々と悲劇の顛末を辿る(ドイツ語)

【タイトル】 Der Struwwelpeter: oder Lustige Geschichten und Drollige Bilder(もじゃもじゃペーター)
【著者】 Heinrich Hoffmann/作
【出版社】 F.Coppenrath Verlag
【出版日】 1997年8月発売
【NDC】 E
【HBC】 YAA
【内容紹介】

1845年に発表され一世紀以上経った現代も第100版が出版され続けている本書。作者で精神科医のハインリッヒ・ホフマン氏は自分の息子に教訓を伝える「しつけ絵本」として本書を執筆。不潔にしている男の子、火遊びをする女の子、食べることをやめた男の子、親指しゃぶりをやめられない男の子などが登場し、悲劇の顛末を辿っていく。

≫ 続きを読む

2024/04/01    外国語絵本    olidllc   |    タグ:エイプリルフール , ドイツ語